丁寧に乗るコツとは

丁寧に乗るコツとは

毎日バイクに乗っていると、自分の乗り方のクセがついてしまうものです。自分ではなかなか分からないですが、止まるときに右に傾く、左に傾く、ブレーキのかけかたなど、すこしずつ、そのクセがバイクの運転に影響していきます。車もそうですが、当然バイクも事故車は買取査定では敬遠され、廃車にならなくても、ほとんど価値がつかなくなる場合があるので気を付けて乗りましょう。

 

またバイクを消耗品とみないで、自分だけではなく次のオーナーのために大事に乗るという姿勢が、バイクの価値を高く保つコツです。走行距離が多くても、キレイな状態で乗っていて、あまりクセのないバイクは高く売れる可能性があるので、使い捨てではなく、長く乗るつもりで丁寧に乗りましょう。バイクも大切にすれば、きっと将来的にあなたに答えてくれる筈です。

 

また、バイク好きのなかには、自分でカスタマイズする人もいますが、あまりの独自カスタマイズは、バイクの買取査定を下げる可能性がありますので、ほどほどにしておきましょう。当然、違法な改造バイクなどは買取を断られることもありますので、注意したほうがいいでしょう。丁寧に、しかもメンテナンスをしっかりすることを忘れないでください。